想い出工房てらす

手元供養の新しい形として、亡くなられた方の金歯、銀歯やご遺骨でアクセサリーを製作いたします。

てらすアクセサリー(金歯・銀歯)

てらすリング
てらすリング
てらすペンダント
てらすペンダント

亡くなられた大切な方の形見として、生前に歯の治療で入れた金歯や銀歯を加工し指輪ペンダントトップに作り変えます。
日本では初めての試みです
私たちの口の中に入っている金歯や銀歯は金、銀、パラジウムなどが使われています。
金歯は18金や16金などが使われ、銀歯は金が12%銀は約50%パラジウムは約20%が、使われています。これらの貴金属で歯が作られている事を皆様にも知っていただければと思います。

メモリアルアクセサリー(遺骨)

遺骨リング
遺骨リング
遺骨ペンダント
遺骨ペンダント

お客様のご要望もあり、遺骨アクセサリーの製作をはじめました。

土台はシルバーで、それ以外は粉にしたご遺骨に色をつけて、歯科用樹脂で固めて作っております。(土台は金歯銀歯の金属でも作ることができます)

立体手型

成長の記録をかたちに…

新しい想い出の記念作りに立体手型始めました。

 「我が子の成長の記録を残したい」「孫へのプレゼントを考えている」「卒園・入学祝いは何にしよう」という方は、[想い出工房てらす]のオリジナル手型はいかがですか?

※写真をクリックすると立体手型へと進みます。